作家の橋本紡先生のファンサイトブログ。ファンサイトである「紡唄~tsumugiuta~」のブログ部分。ファンサイトはリンクに貼ってありますのでぜひ覗いてあげてください。
by yyuuta2003
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
藤木唯bot
以前の記事
リンク
紡唄~tsumugiuta~
ユウが運営する橋本紡さんのファンサイト。「橋本紡ファンサイト」のリニューアルサイトです。チャットルームや掲示板などどんどんご利用ください。
携帯の方は↓の携帯サイトから。

紡唄~tsumugiuta~携帯サイト
携帯用のサイト。PCサイトをそのまま携帯用に変換しただけですので、見づらい所が多々あるかもしれません。いつか携帯専用サイトを作りたいなと考えています。

「紡唄(橋本紡ファンサイト)コミュ」
mixiのコミュニティーです。皆さんぜひ参加してください。mixiをやっている方はもちろんのこと、やっていない方も招待状を送りますのでぜひ!希望者はメールにて。

橋本紡オフィシャルblog
敬愛なる橋本紡先生のオフィシャルブログ。

橋本紡おふぃしゃるsiteもどき 
まなみさんとそのお友達によるサイト。好きなキャラアンケートも実施中です。

@YuiHujiki_bot
上にも表示させていますが、「リバーズ・エンド」の藤木唯のbotです。詳しくはこちら



ブログ
君の片手に似合う本~The book becomes your one hand~
自分と、漣さん、火澄さん、まなみさんの4人で運営している共同ブログ。本の紹介や、読んだ本の感想などを書いています。良かったら遊びに来てください。

橋本紡おふぃしゃるblogもどき (注:偽もの!)

はるばーもんど
セラさんによる、橋本紡さんとマンガハヤテのごとく!を特別扱いしつつ、気に入ったものの感想をすき放題に書き綴ったブログ。
ブログタイトルの由来が素敵です。



総カウント数

本日のカウント数

昨日のカウント数
検索
最新のトラックバック
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
「もうすぐ」橋本紡
from 粋な提案
猫泥棒と木曜日のキッチン..
from 粋な提案
九つの、物語 橋本紡
from 粋な提案
彩乃ちゃんのお告げ 橋本紡
from 粋な提案
猫目狩り(上・下) 橋本紡
from 粋な提案
ひかりをすくう 橋本紡
from 粋な提案
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
半分の月がのぼる空 完全版
例のごとくと言うか、いつも通りというか、毎度のことながらブログのカウンターがバグっているので皆さんは分からないかもしれませんが、4月3日の半月映画の公開と半月のリライト版が発売されて予想通りここ数日ブログのアクセスも伸びております。
これも映画と単行本効果と言うことで、映画、リライト版を読まれてここにたどり着かれた方、良かったらゆっくりしていってください。よろしければサイトの方も見て頂いて、映画を気に入られた方は原作を、リライト版を読んで橋本さんのことを知られた方はぜひ他の作品も読んでいただけたらなと思います。


さて、僕の方はと言いますと、映画はまだ見ていないのですが、半月の完全版の方を早速買ってきました。
さすがに分厚い。


c0079377_349596.jpg



完全版ということで、もちろんライトノベルの時のようなイラストは無いけれど、表紙と目次部分の線画、イラストはまさしく裕一と里香でなんだかうれしくなりました。
なんというか、もう3年程前から単行本出ないかなーと言い続けていたせいもあって、実際手にした時はすごく感慨深かったです。
もうずいぶん昔、それこそ3年くらい前に、半分の月の一般向けのイラストのないハードカバー化をみんなはどう思う?と言うような問いかけをして、反対論や慎重論がいくつかあったのを思い出しました。僕自身は、ライトノベルというレーベルである以上、半月を読む層が限られてしまうしそれはあまりにももったいない。山本さんのイラストが作品を一層魅力的なものにしているのは確かだけれど、それによって損をしている部分もある。そういう考えがありました。でもあのイラストと、紡さんが織り成す世界、2つで1つの物語であるのも確かで、その時はどっちが正しいのか分からなくて堂々巡りだったような気がします。ケイジさんのイラスト、大好きですし。
それと、その時はイラストの無い半月が想像できなかったというのもあります。


ですがそれがいま、なんと目の前にあるわけです。
今でも基本的に考えは変わりません。やっぱりたくさんの人に読んでもらいたいし、そのためにはハードカバー化もありだと思います。しかも当時と違って、もはや紡さんはラノベ作家ではなく大衆文芸作家。しかも、昔は夢のように言っていた映画化がまさかの実現でさらには公開日とリライト版の発売が同日ということでこれはもう完璧では無いでしょうか。
正直、半分の月という作品がここまで成長するとは期待、予期はしてたけどまさかとびっくりしています。
果たしてこのリライト版の評価はどうなのか分からないけど、これがきっと「半分の月がのぼる空」という作品の集大成。映画もこの完全版も、最高の出来になっていることを信じます。


そして、購入した感想ですが、まだ言えません。というか、まだ読んでません。
忙しいとかそういうのじゃなく、なんというか読む勇気が出ないと言うか、踏切れない。
半月8巻や、画集の花冠を読んでこれで半月ともさよならか……と寂しく思った当時を思い出しそれと同じ状況に陥っております。
まさか新たな半月に出会えるとは思ってなくてすごくうれしいけど、これでホントのホントに終わりだと思うと寂しいよなー。


これは急がず、ゆっくりゆっくりかみ締めながら読んで行きたいと思う。



>>月光さん
明日の7日に見に行きます。すごく楽しみです。
CM効果でたくさんの人に見ていただけたらうれしいですね。

>>火澄さん
ブログも見ました。心遣いありがとうございます。

なるほど、大泉さんが良いんですね。
もう先入観とか、そういうのなしで純粋な気持ちで見たいと思います
[PR]

by yyuuta2003 | 2010-04-06 03:48 | 日記
<< ただいま 半分の月がのぼる空。映画とリラ... >>