作家の橋本紡先生のファンサイトブログ。ファンサイトである「紡唄~tsumugiuta~」のブログ部分。ファンサイトはリンクに貼ってありますのでぜひ覗いてあげてください。
by yyuuta2003
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
藤木唯bot
以前の記事
リンク
紡唄~tsumugiuta~
ユウが運営する橋本紡さんのファンサイト。「橋本紡ファンサイト」のリニューアルサイトです。チャットルームや掲示板などどんどんご利用ください。
携帯の方は↓の携帯サイトから。

紡唄~tsumugiuta~携帯サイト
携帯用のサイト。PCサイトをそのまま携帯用に変換しただけですので、見づらい所が多々あるかもしれません。いつか携帯専用サイトを作りたいなと考えています。

「紡唄(橋本紡ファンサイト)コミュ」
mixiのコミュニティーです。皆さんぜひ参加してください。mixiをやっている方はもちろんのこと、やっていない方も招待状を送りますのでぜひ!希望者はメールにて。

橋本紡オフィシャルblog
敬愛なる橋本紡先生のオフィシャルブログ。

橋本紡おふぃしゃるsiteもどき 
まなみさんとそのお友達によるサイト。好きなキャラアンケートも実施中です。

@YuiHujiki_bot
上にも表示させていますが、「リバーズ・エンド」の藤木唯のbotです。詳しくはこちら



ブログ
君の片手に似合う本~The book becomes your one hand~
自分と、漣さん、火澄さん、まなみさんの4人で運営している共同ブログ。本の紹介や、読んだ本の感想などを書いています。良かったら遊びに来てください。

橋本紡おふぃしゃるblogもどき (注:偽もの!)

はるばーもんど
セラさんによる、橋本紡さんとマンガハヤテのごとく!を特別扱いしつつ、気に入ったものの感想をすき放題に書き綴ったブログ。
ブログタイトルの由来が素敵です。



総カウント数

本日のカウント数

昨日のカウント数
検索
最新のトラックバック
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
「もうすぐ」橋本紡
from 粋な提案
猫泥棒と木曜日のキッチン..
from 粋な提案
九つの、物語 橋本紡
from 粋な提案
彩乃ちゃんのお告げ 橋本紡
from 粋な提案
猫目狩り(上・下) 橋本紡
from 粋な提案
ひかりをすくう 橋本紡
from 粋な提案
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
半分の月がのぼる空 名言集(?)
言葉には限りない力がある。人を励ますことも、傷つけることも、勇気づけることもできる。
感動したり、勇気をもらったり、元気づけられたりすることも。
そして、たった一つの言葉があなたを変えることも。




歩き出したい。
切に、そう思う。
今すぐにでも、歩き出したい。




「なにもせえへんうちに諦めるのが一番のアホやな」




「覚悟、できたから」




そう、自分はよく知っている。
人はただ死んでいくのだ。
まるで櫛の歯が欠けるように、朝日が昇るように、夕日が沈むように、ただ死んでいくのだ。






「たとえ守りきれなくてもさ、守ろうとするだけで意味はあるよ」




努力したって届くとは限らない。
大事なのは努力することではなく、正しく努力することだ。





「おまえだよ、おまえ。
ひとりでいくら悩んでも、全然物事は動かねぇよ。
おまえ、自分の手を見てみろよ。
なんのために、その手はあるんだ」
「いいか、教えてやる。その手はな、なにかを掴むためにあるんだよ。
欲しかったら、手を伸ばせよ。
そうして、強引に掴み取ればいいんだ。
ただぼんやり突っ立ってるだけじゃ、なんにもできないままになっちまうぞ」




「吾郎くん」
「ん?」
「先に死んじゃうけどごめんね」





「夏目先生、運命とか未来は僕達次第なんですよね?」
「僕たちの両手は、欲しいものを掴むためにあるんですよね?」
「オレ、信じますよ、それ」
「マジで信じますから」





ろくに笑わないまま死ぬのと、今みたいに笑いながら死ぬのとどっちが幸せだと思う?





「一番大切だったのはなに?自分の幸せ?それとも大切な人の幸せ?」
「…………」
「どっちなわけ?」
「…………」
「大切な人の幸せじゃないの?」




一歩進むと、薄闇の中にぼんやりと女の子の輪郭が浮かび上がった。
二歩進むとなんとなく顔がわかった。
三歩進むと、笑みが見えた。
僕もそして、笑っていた。




諦めるなんて、絶対無理だ。最後の最後まで、僕は信じるさ。世界は僕たちのものだって。僕たちの両手は、必ず大切なものを掴めるんだって。





「そばにいていいか?ずっとずっとさ、そばにいていいか?」





ずっと一緒にいようぜ里香。
うん。
ずっと一緒にいよう。裕一。





里香は僕の夢を奪うだろう。それでも僕は望もう。手を伸ばそう。里香と生きる道を選ぼう





僕はこの子を守って生きて行くんだ。これほど素晴らしいことが他にあるだろうか。





未来を、大切なものを僕たちは自らの手で選んだのだ。





たとえ彼女の命が短くとも、終わりの日がすぐにやってくるのだとしても、彼女といることがただつらいだけになってしまっても、それでもぼくはやはり彼女と生きることを選ぶだろう。
運命なんてものじゃなく、そんなふうに他人任せなものではなく、僕自身の意志として選ぶだろう。
そうさ、この瞬間こそが、僕が望んだ日常なんだ。





日常と非日常―。
ただ今を生きるしかない。





…………。





空には半分の月が輝いていた。
[PR]

by yyuuta2003 | 2007-09-07 02:10 | 日記
<< 昨日のとか 復活祭 >>