作家の橋本紡先生のファンサイトブログ。ファンサイトである「紡唄~tsumugiuta~」のブログ部分。ファンサイトはリンクに貼ってありますのでぜひ覗いてあげてください。
by yyuuta2003
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
藤木唯bot
以前の記事
リンク
紡唄~tsumugiuta~
ユウが運営する橋本紡さんのファンサイト。「橋本紡ファンサイト」のリニューアルサイトです。チャットルームや掲示板などどんどんご利用ください。
携帯の方は↓の携帯サイトから。

紡唄~tsumugiuta~携帯サイト
携帯用のサイト。PCサイトをそのまま携帯用に変換しただけですので、見づらい所が多々あるかもしれません。いつか携帯専用サイトを作りたいなと考えています。

「紡唄(橋本紡ファンサイト)コミュ」
mixiのコミュニティーです。皆さんぜひ参加してください。mixiをやっている方はもちろんのこと、やっていない方も招待状を送りますのでぜひ!希望者はメールにて。

橋本紡オフィシャルblog
敬愛なる橋本紡先生のオフィシャルブログ。

橋本紡おふぃしゃるsiteもどき 
まなみさんとそのお友達によるサイト。好きなキャラアンケートも実施中です。

@YuiHujiki_bot
上にも表示させていますが、「リバーズ・エンド」の藤木唯のbotです。詳しくはこちら



ブログ
君の片手に似合う本~The book becomes your one hand~
自分と、漣さん、火澄さん、まなみさんの4人で運営している共同ブログ。本の紹介や、読んだ本の感想などを書いています。良かったら遊びに来てください。

橋本紡おふぃしゃるblogもどき (注:偽もの!)

はるばーもんど
セラさんによる、橋本紡さんとマンガハヤテのごとく!を特別扱いしつつ、気に入ったものの感想をすき放題に書き綴ったブログ。
ブログタイトルの由来が素敵です。



総カウント数

本日のカウント数

昨日のカウント数
検索
最新のトラックバック
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
「もうすぐ」橋本紡
from 粋な提案
猫泥棒と木曜日のキッチン..
from 粋な提案
九つの、物語 橋本紡
from 粋な提案
彩乃ちゃんのお告げ 橋本紡
from 粋な提案
猫目狩り(上・下) 橋本紡
from 粋な提案
ひかりをすくう 橋本紡
from 粋な提案
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リバーズ・エンド-river's end- 名言集(?)






この物語は、僕の十四の誕生日に始まる。


そして――。


この物語は、僕の十五の誕生日に終わる。






わたしの住んでいるところには海がありません。
あなたの町に、海はありますか?




朝、女の子に会って、その子が微笑んでくれただけのこと。
それなのに。
なんだか幸せな気持ちがするのは、どうしてなんだろう。




たとえどんな悪い結果になっても、体験したことって消えないわ。その時の気持ちや、思いや、そんなものは残るの。




拓くんがいつかカスミさんのことを忘れてしまうとしても、あたしは忘れません。
彼の優しさを。
彼の言葉を。
彼のぬくもりを。
ふたりで子猫と遊びながら空を見あげたこの瞬間を。
絶対に忘れません。




表面を見て、それだけでわかりあってるつもりになるなんて寂しいじゃない?




特別な一瞬ってのまさしく一瞬にすぎてゆくわけで、人はむしろ長い長い日常を生きるんだ。
本当に大切なのは、その日常のほうなんだろう




言葉だけじゃない。
人はきっと、言葉だけで会話をしているわけじゃないんだ。




なんでこんなに悲しくなるんだろう。
嬉しいのに。
泣きたいくらい嬉しいのに。




あやふやなのよ。
なにもかも。
自分も。
だから――。
その時だけは、自分が生きてるって、わかるの。




ああして、朝の10分間、ただ黙って教室にいることがあたしたちの絆なの




片思いで。
どうにもならなくて。
それでもこんなに幸せだなんて、自分でもどうかしてると思う。




けど、そんな場所でも、人は誰かに恋をする。
その気持ちは、偽りなんかじゃない。“ほんとに大事なもの”なんだ。
きっと。




人という生き物は、気持ちなんていう見えないもののために生きるし、時に死んだりもする。それはバカげたことかもしれないけど、バカげているからこそ美しいのかもね




変化してゆくことがいいのか悪いのか分からない。たぶん、そういう問題じゃないんだろう。変化は必然で、僕たちはそれに抵抗したり流されたりしながら、なにかを見つけるんだ。逆に失うこともあるだろうけど、見つけようとすべきなんだ。なぜなら、僕たちの未来は限られている。いつ、どんな形で、終わりを迎えるか分からない。迷ってる暇なんてないんだ。欲しいのなら、手を伸ばさなきゃいけない。それでも届かないなら、足だって、身体だって伸ばさなきゃいけない。たとえ届かなかったとしても、迷って、悩んで、ただ立ちすくんでいるよりはずっとマシだ。




あの時、自分には唯がいた。
それで十分だった。
それがすべてだった。



今までコクーン内では感じだことのない、新たなぬくもりが最後に現れた。拓己はそれをよく知っていた。夕方の帰り道、長く伸びるふたつの影を追いながら、ゆっくりゆっくり歩いた。すぐ隣にいるのに、なかなか顔を見られなかった。どうでもいいことを話し、笑いあい、それでたまらなく幸せだった。クツシタたちとじゃれあう声。時折見せた透明な瞳。触れようとすると、いつも手の間をすり抜けていった。いや、違う。触れようなんて思えなかった。触れたら、それは壊れてしまいそうだったから。なによりも大切な宝物だったから。この世界よりも大切だったから。



僕は歩き続けた。
半年前に、唯と歩いた道を。
唯が命を失っていった道を。
僕は歩きつづけた。






今、あたしに残されたわずかな命をかけて、届くことを祈ってます。




けどね、拓くんの血が、子供たちが、この先もこの星でいつまでも生きつづけられるといいな。そう思うんです。だとしたら、あたしの小さくてちっぽけな命が消えてしまうことにも、どうにか耐えられる気がします。
拓くんの血が繋がっていく星がこの宇宙にあるなんて、奇跡のようにすごいことです。
ほんとに!




拓くんとずっとずっといっしょにいたかった。すごく恥ずかしいけど、キスだってしてみたかったです。
それくらい、拓くんのことが好きでした。

拓くん、ありがとう。
さようなら。




それぞれがお喋りしたり、笑ったり、怒ったり。平凡で、穏やかで、なにげなく過ぎていく、けれど大切な一瞬。下らなくて素晴らしい日常。
それは彼らが守った世界。






川はずいぶん遠くから流れてくる。
その途中で蛇行したり逆流したりすることもあるけれど、結局のところ、やがて川は海にたどりつく。
ただ、そのころには、美しく澄んでいた水は薄汚れてしまう。
川底も見えないくらい、濁ってしまっている。
それでも、とにかく――。
川は海へたどりつくんだ。

河口(リバーズ・エンド)

そこは、川の終わり。

そして、海の始まり。
[PR]

by yyuuta2003 | 2007-10-29 02:15 | 日記
<< うぇーん。彩乃ちゃん~(涙) 彩乃ちゃん >>