作家の橋本紡先生のファンサイトブログ。ファンサイトである「紡唄~tsumugiuta~」のブログ部分。ファンサイトはリンクに貼ってありますのでぜひ覗いてあげてください。
by yyuuta2003
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
藤木唯bot
以前の記事
リンク
紡唄~tsumugiuta~
ユウが運営する橋本紡さんのファンサイト。「橋本紡ファンサイト」のリニューアルサイトです。チャットルームや掲示板などどんどんご利用ください。
携帯の方は↓の携帯サイトから。

紡唄~tsumugiuta~携帯サイト
携帯用のサイト。PCサイトをそのまま携帯用に変換しただけですので、見づらい所が多々あるかもしれません。いつか携帯専用サイトを作りたいなと考えています。

「紡唄(橋本紡ファンサイト)コミュ」
mixiのコミュニティーです。皆さんぜひ参加してください。mixiをやっている方はもちろんのこと、やっていない方も招待状を送りますのでぜひ!希望者はメールにて。

橋本紡オフィシャルblog
敬愛なる橋本紡先生のオフィシャルブログ。

橋本紡おふぃしゃるsiteもどき 
まなみさんとそのお友達によるサイト。好きなキャラアンケートも実施中です。

@YuiHujiki_bot
上にも表示させていますが、「リバーズ・エンド」の藤木唯のbotです。詳しくはこちら



ブログ
君の片手に似合う本~The book becomes your one hand~
自分と、漣さん、火澄さん、まなみさんの4人で運営している共同ブログ。本の紹介や、読んだ本の感想などを書いています。良かったら遊びに来てください。

橋本紡おふぃしゃるblogもどき (注:偽もの!)

はるばーもんど
セラさんによる、橋本紡さんとマンガハヤテのごとく!を特別扱いしつつ、気に入ったものの感想をすき放題に書き綴ったブログ。
ブログタイトルの由来が素敵です。



総カウント数

本日のカウント数

昨日のカウント数
検索
最新のトラックバック
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
「もうすぐ」橋本紡
from 粋な提案
猫泥棒と木曜日のキッチン..
from 粋な提案
九つの、物語 橋本紡
from 粋な提案
彩乃ちゃんのお告げ 橋本紡
from 粋な提案
猫目狩り(上・下) 橋本紡
from 粋な提案
ひかりをすくう 橋本紡
from 粋な提案
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:半月ドラマ( 16 )

「半分の月がのぼる空」実写ドラマ最終回!!
昨日は3人の方がチャットに参加してくれました!! ありがとうございます。(ROMの人は結構いたみたいだけど……。入りにくかったかな?)
結局4時間以上話してまして(汗)、自分でもびっくりです。でもとても楽しかったです!! 周りにあんな話できる人いないですし。
しかも特ダネをゲットできたのでうれしさ倍増です。全然情報がなかったのでがっくり来ていたんですが、なんだかワクワクしてきました(笑)。


それでは半月ドラマ最終回!!
最終回なので正座してみてました(笑)。はじめから終わりまで。
ちなみに今回はネタばれ満載です。DVDで見ようと思っている方は見ないほうが良いと思います。


今回はもうね、前半は本気で石投げつけてやろうかと思いました。暴走もいいところですよ。
前回里香の母親に殴られて、今回はそこから始まるんですが、母親は言いたい放題です。
よく覚えていませんが、
「近づかないでって言ったでしょ!」
「あなたは里香に長生きして欲しくないんですか?」
「え?そんなわけじゃ……」
「あなたのやったことはそういうことですよ」
「確かに里香は小さい頃から寂しい思いをしてきたかもしれません。それに対してあなたが色々してくれようとしたことには感謝します。でもあなたのやってきたことは里香の命を縮めることですよ。あなたのやってることはただの自己満足じゃないんですか?」
「とにかく、里香に長生きして欲しいのなら、一切里香に会わないで下さい」
というような話をして(うろ覚えでゴメン)、里香を転院させようとします。本当は裕一が里香に会いに行ったら裕一が転院させられることになっていたんだけど、夏目が裕一の病室に来て
「どうせお前を転院させたところでお前が里香に会いに行くことは目に見えている。だから里香を転院させることにした」
「話はそれだけだ」
そういって夏目が出て行くんだけども、裕一が
「夏目先生、僕たちの両手って何かをつかむためにあるんですよね? それ、信じますよ」

その次は母親が里香を説得するシーン。
なんていったかはよく覚えてませんが、
「あなたには長生きして欲しいの。もうママをこれ以上悲しませないで」
と最後に言って、車椅子で里香を連れ出します。

そしてエレベーターに乗り込む直前、裕一が走ってきて3人が対面。
ここでも母親は裕一に向かって色々言います。ぼろくそに。
その後エレベーターのドアが閉まり、裕一はまた駆け出す……

(あぁ、疲れた。まだ半分も終わってないよな……)

今度は外のシーン。母親が車椅子を押しながらおそらく車に向かう途中。
「ねぇ、裕一になんて言ったの?」
「もうあの男の子のことは忘れなさい。その場だけの無責任なことをして。あなたの命を縮めているだけなのよ」
みたな会話をしてる途中、裕一が追いかけてきます。
そしてまた母親が怒鳴り散らす。
そして母親が最後に言った言葉でついに里香が車椅子から立ち上がって口を開きます。
「あなたは里香のことを全く考えてないでしょ!」
「わかってないのはママの方よ!!」
「裕一はいつも私のことを考えてくれてる。私は裕一がいたから生きて行きたいと思った。だから手術だって受けた。パパだってそうじゃないの? ママに出会えたから、ママと少しでも長くいたいから頑張ったんじゃないの? ママと長くいたいから危険な手術を受けたんじゃないの?
私だって裕一と一緒にいたい。だから生きたいって思えたの。だから死ぬのが怖いと思ったの。裕一が私の未来の生きる希望なの」

これを見て、ああなるほどなと思いましたね。あれだけ母親を悪人に仕立てたのはここを感動させるためなんだと。丸分かりでした。
それでも、向こうがここを感動させたいんだなと分かってはいても、原作と全く違っていても、本物の里香に似ていなくても、それでも『里香』がこういうことを言っているというシチュエーションだけで感動してしまいますね。これも半月ファンの性でしょうか?(笑)

そのあとは原作と同じような感じですね。
屋上で、
「ママのことは心配しなくて良いから。ママもいつかわかってくれると思う。ママとパパって大恋愛だったんだよ。周りは反対したのにそれでもママ、パパと結婚したんだ。 ねぇ、あの本読んだ?」
「あ、う、うん」
「気がついた? JがRになっていたの。あれがパパのプロポーズだったんだよ」
「え?……」
なんだ……あれは里香がやったんじゃないのか……

そして裕一が病室であぁ~ってうめいてるところに里香の母親がやってきます。
「あなたは覚悟できていますか?」
「はい」
「よく考えてください。あなたには夢がありますね? 里香はそれを全部壊すことになりますよ。それでも覚悟があると言えますか?」
「僕は僕なりに考えました。でもいくら考えても結論は同じでした。たとえ僕のやっていることが自己満足だとしても、それでも僕は里香さんが望んでいるならそばにいてあげたいと思います」
「同じですね」
「え?」
「私とあなた同じですね」
「私も覚悟して夫と結婚したんです。だから、同じですね」
「……」
「これを見てください。これがあの人のプロポーズだったんですよ」
そこには丸っこいRではなく勢いのあるかっこいい筆記体のRが書いてあった。
じゃあ、やっぱりあれは里香が書いたんだ……

そして砲台山。
ここが問題のシーンです。原作では、
「こっち来いよ」
「お前が来い!」

そしてキスをする。それから
「里香」
「ん?」
「俺さ絶対お前のこと___」
その先の言葉は秘密だ。誰にも決して教えない。亜希子さんだろうが夏目だろうが。僕はこの言葉を里香のために取っておくんだ。里香がこの世から消え去ってしまうその瞬間まで。ふたりだけのものにしておく。
___するから」
「二度目だね」
「え?」
「その言葉」
「前に来たときも言ってくれた」
「なんだ。オレ言ったんだ」
「覚えてないんだよね裕一は。でも言ったよ」
というような会話をしたあと、今度は里香からキスをし、それから背中に隠してあるチボー家を取り出し、The END。
ああ、なんか打ってるだけで感動がよみがえってきた(笑)。

とまあこうなるわけですが、ドラマでは、
「こっち来いよ」
「お前が来い!」
「ちぇ」
そしてキス。(ほんとにキスしてるんですよねー)
そしてなんと!
「里香、好きだよ」
「2度目だね、その言葉」
「え?」
「前来たときも言ってくれた」
「そうかオレ言ったんだっけ」

ちょ、ちょ、ちょっと!! ば、バカヤロ~~~~~

その言葉言ってどうするんだ~!! 
原作とドラマの顔が一致してないのはしょうがないと思う。実写なんだから。原作どおりじゃないのも仕方がないと思う。どうしても無理なのはあるだろうし、あんまり原作と一緒でもかえって批判も出るだろうし。
でもさ、原作の夢というか、希望というか、そういうものは壊さないで欲しい。そこだけはいわないで欲しかった。だってあの2人を象徴するところでしょ? 
はぁ~がっくりときましたねー。

それから今度は里香からキスをして、なぜか裕一が台の上から万歳して飛び降りるところでFinという文字が。何でジャンプするかな? 全然感動で終わらないじゃん!!とか思っていたら、
ちょっとまった。まだこれで終わらない。数ヵ月後里香は驚くような回復を見せ、なんと僕のいる高校に1年生から編入してきたんだ。夢のスクールライフが実現したんだ。
という裕一のナレーションが流れて、登校のシーンへ。
土手で里香が待っているところに裕一が走ってくる。
「遅い!裕一」
「ごめんごめん」
「それであったの?」
「ああ、はいこれ」
「ちょっと! これ頼んだのと違うじゃない」
「え?そうだっけ?」
「これは借りてこないでっていった奴でしょ? 全くこれだけのお使いが出来なくてどうするのよ!裕一のバカ!!」
「これ変えてきて」
「分かったよ。学校終わったら変えてくるよ」
「今よ!! 休み時間に読もうと思ってたんだから」
「え、無茶な……」
と言っている間に、山西が現れ、司とみゆきが一緒に現れる。で司とみゆきの関係について一言ナレーションが入り、山西がからかいだします。ダブったことに対してですね。
そしてみんなで学校に行こうという雰囲気になったとき
「ほら裕一早く変えてきてよ。遅刻しちゃうよ」
「え、本気で言ってるのか? ほ、ほら今度遅刻してまたダブったら大変だからさ」
「そしたら私と同じ学年だよ?」
「う……」
「ほら、早く行ってきなよ」
「ちぇ、分かったよ」
といって裕一が駆け出します。山西、司、みゆきも歩き出し、里香だけが立ち止まります。そして裕一の走っていく背中に向かって
「好きだよ裕一」
それからみゆきたちの所へ小走りしていく姿を遠くから映して、Finという文字が。

最後はなかなか良かったかな
でも通学シーンに桜が立っているんですが、素人目から見ても合成なのが丸分かりです。違和感ありました。あの必要以上にでかい月といい、桜といい、もうちょっとなんとかならなかったのかなぁ~。

それにしても疲れた……。これ打つのに1時間半以上かかってる……。
文章中の会話とかうろ覚えなんでごめんなさい。実際とは結構違っていると思います。

ところで、これどう思います?
もはや半月ではないですね……。最終回、期待してたんだけどなぁ~。
でも一応言っておきますが、そこまで悪くはなかったと思います。本当に前半の母親には怒り心頭で殴りたくなったほどですが(笑)、そのあとの里香の言葉とか、登校シーンとかは割りと良かったですね。

それでは長くなりましたがこの辺で。明日からはしにがみが始まります。(見ないけど)
[PR]

by yyuuta2003 | 2007-01-07 23:31 | 半月ドラマ | Comments(0)
半月ドラマ第12話
わわわ、小夜子話がでた~。
いや、おどろきました。完全に無視されると思っていたので。
と言ってもほんの少しですけどね。「小夜子」という名前も出てこなかったし。
少し気になったのが、亜希子さんが小夜子が心臓病で昔に死んだと知っていたことです。

そしてこの話のメインテーマ、里香の病室に忍び込むやつですが、原作と全く違います。
まず、みゆきが看護婦の格好になって、先生が話があると言って里香の母親を病室から連れ出します。そして山西が医者の振りをしてそれを見守り、うまく連れ出したことを裕一に伝え、裕一と司ははしごで忍び込みます。
まあ、屋上から入れない分いろいろ考えた結果なんでしょうけど、里香の母親を連れ出したんだから普通にドアから入れば?と思うのは僕だけでしょうか?(笑) 。鍵もないし。

でも今回は名ゼリフはちゃんと再現されていましたね。僕達の両手は……とか。

その他は全然違いますけど。里香の病室のシーンはやたらと長いし、里香の母親がいきなり裕一の病室に来て平手打ちをし、「里香に2度と会わないで下さいっていうし。

次回予告なんかすごかったですよ。完全に暴走しています。
母親が里香の車椅子を押しているところを裕一が追いかけて、懇願したり、里香が母親に向かって涙目で、私裕一ともっと一緒にいたいのって言うし。
しかも最後は制服姿で「裕一好きだよ」って言っちゃってるし。制服姿ってのがポイントですね(笑)。
でも、本当に砲台山行くのかな~。怪しくなってきました。


そうそう、亜希子さんと夏目の話が良かったですよ。
「あんたにとって大切だったのは何? 自分の幸せ? それとも大切な人の幸せ?」
の周辺。なかなか感動的で。


次はいよいよ最終回です。少し寂しいですけど後一話、しっかりと見届けましょう。
って……次塾の合宿で見れないんだ……。どうしよう……。
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-12-19 23:05 | 半月ドラマ | Comments(2)
半月ドラマ第11話
今回の話は完全に独走していました。原作とだいぶ違います。

一番大きいのが、里香の母親が夏目に『里香を裕一に会わせるな』というようなことをストレートに直接言ったことですかね。原作じゃそこまではっきりとは言ってませんし。

1つ気に入らなかったのは、山西が飛び降り自殺しようとする場面。そもそも屋上じゃなくて何で裕一の病室なの?ってとこから始まりますが、そこだけでなく、酒のシーンもないし、それどころかお互いに怒鳴りあってばっかでちょっとなぁ~って感じでした。映像でしかも実写となると仕方がないのかもしれませんが、原作に出てくる
「山西の目はとても澄んでいた」
というのをもう少し出して欲しかったかなと思います
全体を通してドラマは緊迫し過ぎるんですよね。里香の手術が始まってから裕一が怒鳴ってるとこと落ち込んでるとこと亜希子さんたちに必死に里香の病状を聞きだそうとしているシーンしか出てこないんですよ。緊張感はあって当たり前ですが、山西と屋上で酒を飲み交わすというような、お気楽さ?をもう少しだして欲しいです。

良かったところも挙げますと、山西を止め、頭を打ったときの回想シーン。原作では大人の裕一と美佐子?さんと話になるわけですが、ドラマでは、砲台山で里香が裕一に最後の別れを言い、消えるというシーンになっていました。なかなか神妙的で良かったと思います。
そのあと慌てて里香の病室に駆け出していくところも。なにを隠そうずばりそこで11話が終わったんですけどね。

それとそれと、写真が現像されている……。もしかしたら僕が忘れているだけかもしれませんが、自分は夏目が裕一のカメラを直したシーンを見た覚えがありません。(そもそも夏目と裕一はいがみ合ってるとこしか出てこないし……) いつの間にどうやって直したんだ?


今回は本編よりも次回予告に驚かされました。
1分にも満たない予告ですが、重要なシーンがたくさん出てきてましたね。
まず、里香の病室に忍び込む手段。ドラマが始まった当初から気になっていたことですが、やっと判明しました。梯子をのぼって忍び込む。
う~ん。上がダメなら下からか。でも宙ぶらりんになっていくより命がけじゃないし、インパクトが少ないな~。
ま、こればっかはしょうがないかな。

もう一つ印象に残ったのが、裕一が里香の母親からビンタを食らっているシーン(笑)。どういう状況で殴られるんでしょう? やっぱり忍び込んだときですかね? 原作では母親とは争わないんだけどな~。


さて、次は最終回……だと思っていたのですが、予告を見る限りなんか違う気がしてきました。このままじゃ絶対砲台山に行く時間ないし……。
ドラマって普通1クールですよね?
あれ? 1クールって12じゃなかったっけ……(滝汗)

慌てて調べてみました。
『1クールで3ヶ月のことを表す。週1回放送の番組ならばその期間に放送された回数分(おおよそ13~14回、ドラマでは11~12回が多い)』
だそうです。ってことはどうなんだ……?

あ! 厳密には13週らしいです。てことはあと2回なのかな~?


最後に一つ宣伝。
当初から当ブログを贔屓して下さっている西日野 吟さんがブログを開設されました。
橋本さんのことも取り上げているのでもし良かったら遊びに行ってあげてくださいませ。
リンクは「エキサイトブログ」というところに貼ってあります。『吟さんの日記b』というやつです。


はぁ~、やっとテストが終わった喜びと、最近短い記事ばっかなので思わずたくさん書いてしまいました。まぁpcからなんで楽ですけどね。携帯からは便利だけどきついです。

よく見てみると最近pcで記事書いたの2週間近くも前だな……。
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-12-12 19:05 | 半月ドラマ | Comments(0)
半月ドラマ第10話
半月ドラマ第10話。
今回は前半と後半ではっきり分かれてました。前半は完全に原作通りでした。とくに、
「あんた里香の小さい頃の写真欲しい?」
「欲しいです!」
「里香もそうなんだよね」



は原作の会話そのままでなんか不思議な感じがしましたね。
後半は独創で、とくに「チボーケの人々」のアップ?が良かったです。
「命をかけて君のものになる」
もでていたし。ただ残念だったのが、その下の『R』が丸文字だったことですね。手術が終わったあとに里香は、あれはお父さんがお母さんにプロポーズした時のものと言って誤魔化すわけですが、あれじゃあどう見ても女の人の字です。お父さんの字には見えません。
他はだいたい良かったです。やっぱり原作と雰囲気は違うけどそれを言ってもしょうがないし。
最後は案の定
「お前にとっちゃ最悪の結果だ」
で終わりました。

あ、そうそう番組の最後にプレゼント企画が出てきましたよ。
半月原作全8巻。
……。
しょぼい……。
ドラマ見てる人はほとんど持ってるでしょ?しかもたった3人(笑)。
せめて橋本さんのサイン入りにして欲しかったですね。
そうしたら応募が殺到しそうですが(笑)。
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-12-05 22:06 | 半月ドラマ | Comments(0)
半月ドラマ第9話
9話ってことで終盤を迎えてきました。あと3話か……。

今回は里香の手術前ってことで、自問自答?とうか、心の中のセリフがかなり多かったですね。
「里香になんにもできなくて。口ばっかで。……」
みたいな感じです。
確かにそこが半月の特徴だとは思いますが、ドラマでは少ししつこかったかなと思います。

案の定裕一の浮気シーンは全く出てきませんでした~。美佐子さんの出番もなし。あそこも結構大事な場所だと思うんですけどね。
でもひとつ感心したのは、浮気のあとに夏目が、「絶対に里香にばらすんじゃないぞ」って言うじゃないですか?
それがドラマでは「そんな情けない姿絶対里香にみせるんじゃねぇぞ」となっています。なかなかうまいです。

それと、
「里香、手術やるってよ」
「生きたいからやるって言ったんだよ」
「初めて聞いたよ。あいつが生きたいなんて言ったの」
という場面にはおもわず感動(笑)。
最終回絶対泣くな……

次回はいよいよ手術です。結果は分かってることですが、さてどうなることやら。
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-11-28 23:15 | 半月ドラマ | Comments(0)
半月ドラマ第8話を見て
半月ドラマ第8話です……って8話でいいんですかね? そろそろ分からなくなってきました。間違っていたらごめんなさいです。

さて、ドラマも半分をすぎこれから佳境を迎えるところまできました。最初の方はブログに書くことを考えたりしながら見ていたもんですが、最近は真剣に見てしまっています。つまりあまり書くことはない……(汗)。
もうね、演技にも良くなってきたし、原作通りの展開でGOODですよ。とくに言うことありません。
『サイボルト』もウケたし(笑)

唯一ダメだったところは司がキレたこと。司はあんな風に怒ったりはしないでしょ? 半月ファンの中でもっとも不評だと思われる司ですが、これ以上イメージを壊して欲しくないです。
ああ、それともうひとつ。普通あそこで終わらせるか? 勿体ぶりやがって!!

里香が倒れて、これから裕一にとって一番辛いところですね。
このあとの展開で一番気になるのは、屋上から里香の部屋に忍び込むところ。いったいどうする気だろう?
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-11-21 23:28 | 半月ドラマ | Comments(0)
半月ドラマ第6、第7話を見て
今日は学校が休みでした~~。
この日だけは埼玉県民で良かったと心から思います(笑)。


それでは半月ドラマです。今回は修学旅行中で見れなかった6話も一緒に書きますね。
昨日は6話の前半を見てから7話を見て、それから6話の残りを見たので少々混乱してしまいました(笑)。



といっても特に書くことないんだよな~。全体的に良かったと思います。あえてダメだしすると、
○なんで里香が夏目と裕一との殴り合いに遭遇するの?

○亜希子さんの車全然スピード出てないし……

○裕一の家のシーンがない!!(これは予想どおりですけどね)

○よく見ると司の仮面しょぼ!!手作りなのが丸分かりです。

○鬼大仏と司の戦闘がいくらなんでもひどい

あえてといいながらたくさんでてしまいました(笑)。でもさっきも言ったとおり少しづつよくなっていると思います。個人的には夏目の演技に拍手を送りたいです。顔を見た時はうわ と思いましたが演技はばっちりです。

あとはやっぱりみゆきが里香に嫉妬してるのが気になります。確かに本編でも少しはそのけはありましたが、直接過ぎです。

それにしても最後の
「覚悟できたわ。またみんなでこんな風に学校にきたいから。……裕一のおかげだよ」
というシーンにはおもわず感動してしまいました。
こんだけダメだししときながら最終回は本気泣いちゃうかも……
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-11-14 23:36 | 半月ドラマ | Comments(0)
半月ドラマ第5話を見て
昨日はもう少しのところでドラマを見逃すところでした(汗)。全く頭になかったですからね。寝る数分前に思い出しました。危ない危ない。


それでは半月ドラマ第5話。
今回も良かったですよ。つっこむところはほとんどありませんでした。

意外だったのが、夏目の演技がうまかったことですね。顔をみた時は幻滅させられましたが、演技の方は夏目らしくて良かったとおもいます。
ただ、ひとつ気になるのは裕一と夏目が犬猿の仲なことです。原作でも喧嘩ばっかしてますけど、決して仲が悪いんじゃないと思うんです。このふたり本当はめちゃくちゃ仲がいいんじゃないか? って思うことも多いですし。浜松に行くシーンを読めばなんとなく分かると思います。そこが少し引っ掛かる部分ではあります。

それとジッポが出てきましたね!! アニメみたいな柄じゃなくてごく普通のジッポでしたが。

亜希子さんの『看護婦にも向き不向きってあるのかな?』というところも良かったですし、次に期待です。あ、でも来週は修学旅行の前日で見れなそうなんですよね(汗)。羽田に7時集合なんてふざけてます。
ビデオを取ろうと思うんですが、うちのビデオは調子が悪いのでとれないかも(泣)。


さて、明日は競歩大会という名のマラソン大会です(笑)。(走らなきゃ制限時間内にゴール出来ないんですよね)
距離は35kmです。
はぁ~。とにかく頑張ってきます……
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-10-31 21:54 | 半月ドラマ | Comments(1)
半月ドラマ第四話を見て
やっとテストが終わりました!!疲れた~

そういえば昨日「ソフトバンク」のことを記事にしたからか、昨日、今日とアクセス数が伸びています(笑)。恐るべしソフトバンク。トラックバックも2件来てるし。

さて、それではだいぶ遅くなってしまいましたが半月ドラマの第四話について書きます。今回はいいところが多かったので、いいところと悪いところ両方書きますね。まずは良いところ。

【良いところ】
まずはなんといっても里香に許してもらうために必死になるところが面白かったです。特に包帯を巻いて里香の同情を誘おうとするシーン。原作とはだいぶ違うんですが、里香の行動がかなり笑えました。里香ならこうするだろうな~とw

屋上から締め出されたあとの夏目の会話も良かったです。
友達としてこれからも付き合ってくれ」
という場面です。夏目の言い方というか演技がよかったですね。

それと、
「なんで許してくれたんだ?」
「夏目先生が許してやれっていったから」
「え?」
「夏目が言ったから許してあげる気になったのか?」
「そうだよ。そうじゃなきゃ絶対許してなんかあげないもん」
             ・
             ・
             ・
「あんなやつなんかに。あんなやつのために・・・・」
というシーン。かなり実感がこもっていて、うまかったです。やっぱり慣れてきたんでしょうかね。

他にもいろいろあるんですが、全体的に演技と演出がよくなっていると感じました。


【悪いところ】
悪いところはあまりなかったんですが、残念だったのが、裕一の病室で司とゲームをやっていたこと。ゲームキューブが出てきたので、初めての司の家のシーンかと思ったんですが、よく見たら病室だったのでガクッときてしまいました。予算的に無理なのかも知れませんが。

そしてもう一つ気になったのが、「銀河鉄道の夜」を落とした場所が庇ではなくただの庭だったことですね。まあこれは予想内ですが。さすがにロープで降りるわけには行かないだろうし。
そういえば屋上からロープで里香の部屋に忍び込むあの場面はどうするつもりだろう・・・・・・
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-10-26 21:38 | 半月ドラマ | Comments(0)
半月ドラマ第3話を見て
一日遅れの半月ドラマ第3話の感想です。遅れて申し訳ないです。

さて、今回はダメだしするのはやめよう!!と決意して見たんですが、たくさんありすぎる……。てなわけで今回もダメだしを。ただし3話のことだけにします。

印象としては砲台山のシーンがかなり短かったように思いました。大部分がカットされています。一番ショックだったのが、自転車で行ったこと。バイクが出て来るとおもってたら自転車で、拍子抜けしてしまいました。まあ現実的な話として、バイクは無茶かもしれませんが……。

そして砲台山のシーンで一番気になったのが月の大きさ。いくらなんでもあれは大きすぎます。めちゃくちゃ違和感ありました。

あとは、
「ねぇ、どうして連れて来てくれたの?」
「昔おやじが言ってたんだよ。女は大事にしろって」
「そっか。だから連れて来てくれたんだね」「ち、違う。俺は…」と言って倒れた場面。これがドラマでは『おやじ』という言葉がひとことも出てきません。
「なんで連れて来てくれたの?」
「俺は……」
バタン って感じ。残念です。


そうそう、バイクがちゃりになってるのよりも100倍ショックだったことがありました。砲台山で倒れたときに裕一が言ったあの言葉です。
「それを言うために来たの?」
「そ、そうだよ」
「じゃあなんにも覚えてないの?」
「え?」
「ほら言ったでしょ。倒れたときに」
「オレなにか言ったのか?」
「う、うん」
僕はなにを言ったんだ……

これをみてわかる通り裕一は自分が何を言ったのかわかってないんですよね。ところがドラマでは自分が告白したことを完全に悟ってるんですよ。したがって、亜希子さんに病室に連れていってもらうときの、
「オレ倒れてる時なにか言いました?」
「あはははは~。あんた覚えてないんだ~。いいねぇ~。青春だね~」
という名場面もばっさりです。それに告白したって分かってるということは、最終回のあの場面もカットってことじゃないか……。

え~、まだまだ夏目がひどすぎるとか、みゆきが裕一のことが好きという設定になってるとかいろいろあるんですが、この辺にしておきます。
携帯で打ち込むのはつらいです。
続きは明日書くかもしれません。
[PR]

by yyuuta2003 | 2006-10-18 21:06 | 半月ドラマ | Comments(1)