作家の橋本紡先生のファンサイトブログ。ファンサイトである「紡唄~tsumugiuta~」のブログ部分。ファンサイトはリンクに貼ってありますのでぜひ覗いてあげてください。
by yyuuta2003
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
藤木唯bot
以前の記事
リンク
紡唄~tsumugiuta~
ユウが運営する橋本紡さんのファンサイト。「橋本紡ファンサイト」のリニューアルサイトです。チャットルームや掲示板などどんどんご利用ください。
携帯の方は↓の携帯サイトから。

紡唄~tsumugiuta~携帯サイト
携帯用のサイト。PCサイトをそのまま携帯用に変換しただけですので、見づらい所が多々あるかもしれません。いつか携帯専用サイトを作りたいなと考えています。

「紡唄(橋本紡ファンサイト)コミュ」
mixiのコミュニティーです。皆さんぜひ参加してください。mixiをやっている方はもちろんのこと、やっていない方も招待状を送りますのでぜひ!希望者はメールにて。

橋本紡オフィシャルblog
敬愛なる橋本紡先生のオフィシャルブログ。

橋本紡おふぃしゃるsiteもどき 
まなみさんとそのお友達によるサイト。好きなキャラアンケートも実施中です。

@YuiHujiki_bot
上にも表示させていますが、「リバーズ・エンド」の藤木唯のbotです。詳しくはこちら



ブログ
君の片手に似合う本~The book becomes your one hand~
自分と、漣さん、火澄さん、まなみさんの4人で運営している共同ブログ。本の紹介や、読んだ本の感想などを書いています。良かったら遊びに来てください。

橋本紡おふぃしゃるblogもどき (注:偽もの!)

はるばーもんど
セラさんによる、橋本紡さんとマンガハヤテのごとく!を特別扱いしつつ、気に入ったものの感想をすき放題に書き綴ったブログ。
ブログタイトルの由来が素敵です。



総カウント数

本日のカウント数

昨日のカウント数
検索
最新のトラックバック
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
ヱヴァンゲリヲン新劇場版..
from ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
巨乳?それとも美乳?AK..
from AKB48板野友美 浴衣から..
「もうすぐ」橋本紡
from 粋な提案
猫泥棒と木曜日のキッチン..
from 粋な提案
九つの、物語 橋本紡
from 粋な提案
彩乃ちゃんのお告げ 橋本紡
from 粋な提案
猫目狩り(上・下) 橋本紡
from 粋な提案
ひかりをすくう 橋本紡
from 粋な提案
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本格再始動?
別に意識しているわけではないんですが、連続4回月曜更新です。
9月ももう20日ということで、大学生の方も学校始まっているところもあるでしょうし、10月から再開のところも残りわずかですね。

さて、今世間を賑わせている(?)ポケモン新作ブラック・ホワイト。買ってしまいましたよ。
・こんな歳になってポケモンとかwww
・というか今のポケモンもはやポケモンって言えないだろw

そう思っていた時期が僕にもありました

ちょうど第四世代のダイパが出たときで僕は高校生で周りでやってた人居たんですがそんな風に思っていましたねぇ。
それが去年の今頃「金銀」のリメイク版「ハートゴールド・ソールシルバー」が出たときに、懐かしさでちょっと手を出してしまい……こんなことになってしまいましたw 自分は初代、金銀世代でルビサファ以降はまったくやっていなかったので性格、特性、タマゴ技なんて物があることも知らず…さらには固体値努力値も全然理解していなかったんですが、やっていくうちに少しずつ理解していってすごくよくしっかりしたシステムになってるなーと。初代なんか急所がすばやさ依存だったりめちゃくちゃだったりしたところもありましたがさすがに10数年続いてるだけあってよく考えられていてこれは面白いなと思ってしまいました。なんせやりこみ要素は多いし、wi-fiで対人もできるしと……。
多分今も昔僕が思っていたようなことを感じている人がいっぱい居るでしょうが、どうかもう少し暖かい目で見てやってくださいw

ちなみに僕は今バッジ7個取ったところです。え?ブラックホワイトどっち買ったかって?
両方に決まって(ry
ブラックやってます! エモンガかわいいよ、エモンガ。


さてさてポケモンのこと話すときりがないんでこの辺で切り上げます。もし見てくださってる中にポケモン廃人好きの人がいらっしゃいましたらぜひ対戦とかしましょうw



では申し訳程度に(ぉぃ 紡さんの話題。
数日前にまた紡さんがツイッターに現れまして、お仕事のこととか色々つぶやいておられました。
その中で「小説すばる」で連載していて中断してしまていった「葉桜」の改稿をされているということ!! 実は正直半分くらいは諦めていたんですが、どうやらちゃんと完結されるようですよ。楽しみです。
さらには、

『これ書いて、別の書いて、来年頭から文芸誌で連載開始予定。それから長編を二本、短編集を一本かな。あと児童文学をひとつ。』

wktk。最近はお子さんができたということもあってかややスローペース気味でしたが本格再始動でしょうか。
電撃マガジンにも掌編を発表されるようです。
1ヶ月くらい前までは筆を折ることも真剣に考えていたと驚きの告白をされたりもしていて驚いたんですが、やっぱり新作を読めるのはうれしいです。楽しみ!



あ、そういえば急なんですが、これから9月いっぱい兵庫にある祖父母の家に行くことになりました。色々お仕事があるようです。実は今日の夜、夜行バスに乗って大阪に行き、そこから電車で向かいます。
なので次の更新は10月になってからかもしれません。まだ分かりませんけど。何かあったら向こうででも書きます。ただ向こうの家はパソコンのスペックが低すぎてヤフー開くのも一苦労なんですよねー。それなのに無駄に光ファイバーだったりするんですがwww 俺だってADSLなんだぞー!! これぞ猫に小判。
まぁ別にADSLで十分だったりするんだけど。


>>ゆうじさん
やっぱりブログのコメントは荒れたり、スパムが多かったりするからでしょうね。メールアドレスを公開して意見感想はそちらで対応しているんだと思います。
ですが極々まれにコメント公開したりもしていますよ。過去に1,2度ですけど。

シュタゲとサイド・チェンジは月光さんが答えてくださったとおりですね。
シュタゲは前の記事でも書いた「STEINS;GATE」というノベルゲームの省略です。これは別に紡さんとは関係ありません。
一方の「サイドチェンジ」は野生時代という文芸雑誌に以前紡さんが連載していた小説のことで、これは未完で休載になってしまいました。なのでぜひ完結してほしいなぁと。同時期に同じように休載した「葉桜」がどうやら完結する見込みらしいので、「サイドチェンジ」のほうも期待したいです。


>>月光さん
インターンお疲れ様です

「彼ら」のようになるんでしょうかね?
そしたらまたゆとり教育がどうのって言われるんだろうなぁorz


>>ドラマニさん
意外とこの年代の方とは接点ないですよね。

30代になってそう悩むより20代のうちに挑戦できればいいのですが……やっぱりそれはすごく難しいですよね。
[PR]

by yyuuta2003 | 2010-09-20 14:40 | 日記
ツイッターで繰り広げられた議論について
前回の記事ではたくさんのコメントありがとうございましたー。

紡さんのブログにもありましたけど、この前ツイッターで紡さんが「30~35歳の世代に見られる自負、自虐気質について」議論を投げかけて色々議論をなさっていました。僕もちょくちょくツイッター上で見ていたんですが、ツイッターやってる人ならわかると思いますが自分がフォローしていない人のコメントを読むのはすごく面倒なんですよね。ですから僕もほとんど紡さんのツイートだけを読んで、気になった人だけを覗くというやり方をしていたんですが、なんとこれらのやり取りをまとめられている方がいらっしゃいました。ご苦労様ですとしか言いようがないです。

橋本紡氏を中心とした、「30~35歳の世代に見られる自負・自虐気質」についての会話

「仕事中なんですが、30から35くらいの人へ質問。この辺の人と話してると、自負と自虐が交互に出てきて、その切り替わりについていけないことがあります。その世代の方、あるいはその世代と付き合いのある方、ご意見を。」という紡さんのツイートから始まった一連の議論。結構長いんですが、読んでて面白かったです。バブルやら、親が団塊の世代やら、携帯をはじめとしたコミュニケーションツールの発達やらが関係しているんじゃないかといった様々な意見が出されていて興味深かったです。

僕自身この年代ではないし、あまりこの年代の人たちとかかわる機会も少ないので意識したことはないんですが、誰にでも少なかれそういうことがありますよね。楽観的になることもあるし落ち込むこともある。でもその自信と自虐の振幅が30~35歳に多い(少なくとも紡さんがそう感じた)というのは興味深いところです。
先ほども言ったとおり僕はこの年代を経験したわけでもないし付き合いもそれほどないのでえらそうな分析はできないんですが、一連の議論を見て、単純に年齢のせいなんじゃねーのと思ってしまいました。
20代前半の人たちはこれから社会に出て行くわけで、確かに落ち込むことはあっても自虐することってあんまりないんじゃないかなーって思うんですよ。まだまだ経験も少ないじゃないですか。若いし、自負することはあっても自虐することってあまりないんじゃないかと。
逆に40,50歳になると仕事も一番大変なときだろうし責任も大きいだろうし、あまり将来こうなってやる!っていうでかい自信て持ちにくいと思うんですよね。家庭を持っている人が多いと思いますし。
30~35歳って言うのは中途半端なときで、社会に出て10年くらいで経験もしてるけどベテランじゃないし、若くもないけど年寄りでもない。なにか成し遂げてやるぞーと思いながらも今までの経験から自分にできるのか?って思ってしまう。そういう微妙な年代だからこと自信と自虐のギャップが大きいんじゃないかなーって思いました。

自分がこの年代になったらどうなるかちょっと気になります。でも多分自分じゃ気がつかないんだろうなぁ。

それにしてもやはりこういう議論を140文字でやるのは大変ですね。手軽に議論できるっていうのはメリットですけど。紡さんも議論の場としてツイッターに手ごたえ感じているように見受けられますし、これからも期待です。


あとサイトの方ちょこちょこ更新しましたー。


>>ドラマニさん
「タイムマシーン」は有名ですよね。確かタイムトラベルを扱った最初の小説だったような……
紹介していただいたものぜひ今度読んでみようと思います。ありがとうございました。

>>うたさん
卒業してから2年で気になっていましたがいつか本になるんですね。楽しみにしてます。
サイドチェンジとかも本になってくれるとうれしいんですが…。

>>ゆうじさん
「としょ、ここ」は2、3年前に始まって最近休載してますし、掲載場所が学校図書便りですから無理ありませんね。一時は新聞に載ったりもしたんですけど…。
映画は賛否両論ありますが、個人的にはお勧めですよ。原作とは結構違うんですが、十分楽しめると思います。

>>火澄さん
シュタゲお勧めですよ!!
小説で出しても良かったんじゃないかと思うくらい。

>>セラさん
懐かしいですねー。残念ながら僕はいけなかったんですが…。
ぜひまたこういった講演会やってほしいです。

>>しなさん
しなさんお久しぶりです。
確かに原作とはだいぶ違ってしまってますもんね。原作とは別物と割り切れば映画として面白かったです。
ドラマCDはとにかく小夜子さんパートやばいですよね!! あれガチで泣きましたもん。
ドラマCD聴いたことない人はvol1だけでも良いのでぜひ聴いてほしいです。
[PR]

by yyuuta2003 | 2010-09-13 01:19 | 日記
映画半月DVD発売決定らしいです
おひさしぶりでーす(?)
最近の更新頻度と比べたら早いほうですかね。これからはあまり気負わずこのくらいで細々やっていこうと思います。
合宿も終わってちょっと落ち着いてきまして、この前友達に薦められて「シュタインズ・ゲート」というゲームをやってみました。いわゆるノベルゲーってやつです。Xboxで出ていたのがPCに移植されたものです。
ノベルゲーと聞くとついついエロゲーと言われるものを思い起こしてしまいなかなか手が出ないのですが、これはそういうのではなく完全なるストーリーゲームですっごく面白かったです。タイムトラベルをテーマにした物語で、ストーリーが良くできていて神ゲーでした。久々に良いものに出会った気分。気になった方はぜひやってみてください。きっとはまると思います。
個人的にタイムトラベルをテーマにした作品てはずれがない気がします。自分がそういうのに興味があるっていうのもあるかもしれませんが。小説、漫画、ゲーム等々問わずタイムトラベルをテーマにしたお勧めの作品があったらぜひ教えてほしいです。高畑さんの「タイムリープ」(小説映画共々)、「時をかける少女」は把握しているのでそれ以外でありましたらぜひ。
タイムトラベル物って作品ごとに採用している理論?手段が違うのも面白いですね。パラレルワールドとか。



なんか前置きが長くなってしまいましたが本題。
今春に公開された映画「半分の月がのぼる空」ですが、DVDの発売が決まったそうです。
発売は2010年12月2日!

そして、

仕様:
《初回限定版》
・スペシャル・フォトブックレット『祐一&里香の想い出アルバム』(仮)
・『半分の月がのぼる空』伊勢ロケ地マップ
《収録内容》
・特典映像:メイキング映像/未公開シーン集/劇場予告編


『祐一&里香の想い出アルバム』だと……!?
フォトブックレットだから実写の写真なんだろうけど、山本さんのイラストだったら買ってしまう気がする! 間違いなく写真だろうけど。
ロケ地マップというのもちょっと気になりますね。
だけど買うかと言われると、うーん…と言わざるを得ませんねー。確かに映画はすごく良かったと思うし、もう1回見てみたいとも思うけど、レンタルで十分な気もします。果たして買う価値はあるのかどうか。値段はいくらくらいなんでしょう。それによっては考えないことも……ない?

と思ったら値段ちゃんと出てました。価格:4,935円(税込)。
しょーじき、高い!さすがに5000円はないよなー。これだとさすがに手が出なそう。
というかこれは高すぎないかい。この値段で半月原作全巻買えちゃうぜ?映画も下手したら4回見れるぞ?



あとこういうものを見つけたのでご紹介。以前滋賀県の野洲図書館で行われた講演会後の紡さんのインタビュー。なんか見覚えあるし、当時このブログでも紹介したような気もするけど、よく覚えてないしせっかくなので載せてみます。

★☆★橋本紡さんインタビュー★☆★


そういえば「図書館が、ここに。」は今いったいどうなっているんだろう?



>>ゆうじさん
ゆうじさん初めまして。
前のコメントというのはスパムコメのことでしょうか?
スパムコメは気づいたら削除するようにしているんですが、しょっちゅう来るのであまりブログ見てないとすぐたまってしまうんですよね。不快にさせてしまったら申し訳ないです。これからはちょくちょく確認するようにします。
アンケートは2つとも携帯でも投票できるようにしておきました。いろいろご指摘ありがとうございます。

半月面白いですよね。僕は半月の中では小夜子さんが好きです。
ちなみに初回限定版も探せばまだ見つかると思いますよ。興味がありましたらぜひ。
読書感想文、がんばってください。
[PR]

by yyuuta2003 | 2010-09-06 02:59 | 日記